お知らせ
最新の投稿
お酒を飲む男性

生活習慣病を予防するために必要なことは正しい生活を心掛けることです。
では正しい生活というのはなんでしょうか。
生活というのは、食事、睡眠、活動、仕事などで構成されています。
そのために、それらを一つ一つ見て総合的に改善しなくてはいけません。
食事がきちんととれていたとしても、仕事が忙しく、睡眠がとれないという状況は好ましくありません。
また食事や仕事のバランスがよくても運動を全くしないということも筋肉量が落ちますし、体にとって良いことではありません。
そのために全体のバランスが大切なのです。
では生活習慣病にならないために正しい予防はどのようにするべきでしょうか。

まず食事の面では、食べ過ぎ、カロリーの摂りすぎを防ぐということが大切です。
また栄養の偏りにも注意をしなくてはいけません。
炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラルなどバランスよくとることが重要です。

次に睡眠です。
人によって睡眠時間は異なります
短くて良い人、長くとらなければ疲れが取れない人もいます。
大切なのは睡眠は疲労を回復させるということです。
そのためにしっかり睡眠をとるべきなのです。
活動とは運動をさしますが、これも人間に必要な筋力を維持していくために大切です。
加齢とともに骨量も筋力も減ってきますが、いつまでも健康的な体を維持していくためには運動は欠かせません。

そして仕事です。
仕事はその人によって大きく差があります。
仕事を生きがいとしている人もいますから、無理に働くなとは言えませんね。
しかし、適度な休息を取りつつ、自分の無理のない範囲で仕事をすることがストレスをためずに働く良い方法といえるでしょう。
生活習慣をあらためることは難しいことですが、改めることによっていろいろな生活習慣病を予防することが出来るのです。